HOME > 保険外診療例

義歯(入れ歯)

従来からの保険の入れ歯は金属の針金を使い入れ歯を支えてきました。



近年、材料の進化とともに見た目の違和感なども考慮した結果、
針金等を使わずに入れ歯を支えることの出来る特殊素材の入れ歯(ノンクラスプデンチャー)





歯冠修復(差し歯)

保険で被せ物等を作る場合、材料の制約があり前歯では金属とプラスチックを使用して

糸切り歯(犬歯)から糸切り歯(犬歯)までの合計6本。

それ以上の奥歯は全て金属と決められています。









保険の前歯はプラスチックを使用するために、食べ物や飲み物などの影響を受け

変色しやすいのが欠点です。

奥歯に関しては(特に下の歯)金属色なので、見た目的な影響は否めません。

そこで、セラミックス(陶器)を使う事により変色を抑える事が可能です。

また材料の発達により強い噛み合せの力がかかる奥歯にも使用出来るようになりました。









そして歯を数本失っている状態での修復にも使用できます。









ほんの一例です。

またこれらの治療は全ての方に行える方法ではありません。

詳しい説明や料金等は、来院の際ご質問ください。

inserted by FC2 system